スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[メルマガ]2

2/1に発行したと書いたのはまぐまぐの方で
E-magazineは復刊申請がなかなか下りず......。
こりゃ、バックナンバー残ってないのかな、
なんせ2年も放置してたんだから、なんて思っていた。

すると、昨日久しぶりにメーラーを開いたら
「復刊しました」という連絡が。
良かった......。私自身全くバックアップを取ってないので
今のうちにテキストを保存しとかなくちゃ、93本分(苦笑)

で、とりあえずまぐまぐで配信したものをEマガでも配信した。

配信部数、まぐまぐは読者数は104だったので、
Eマガも減ってるだろうと思っていた。

そうしたら、なんと、3人増えていた!

しみじみと配送完了のメールを見てしまった。
まぐまぐの時と同じく、メルマガの整理を忘れていた方がいて
次回はごっそり減るかもしれないけど、ありがたいと思う。
■件名
恋の風景 vol.94
■購読者数
340人
■配送完了日時
2009/02/08-12:00

「フリークとしては、サーバー不良による不着も考えて両方取るでしょ」
なんて褒め上手な友人もいたので(笑)、のべ人数だとは思うが
双方で444通。

私ですら忘れそうに、半ば忘れようと思っていた「水瀬 流」の存在を
消さずに残してくれて、ありがとうね。

その数字が今の私を支えてくれている気がする。
スポンサーサイト

相思への憧れ。

好きな人に好かれたい、好きと言ってほしいのは、
ごく自然で、まともだと思う。

でも、言って欲しそうな感じを醸し出してみると
「甘えん坊だ」「重い」「うざい」「面倒臭い」、
挙句「つらいんだったら、やめれば?」となる。

好きになった時点で、好きになってもらえない限り
能動側は劣位になってしまう。

だから、私は人を好きになるのが怖くなる。

だけど、誰かに好きと言ってもらえた時、
その絶望と悲しみが癒されることも知っている。

優位に立ちたいわけじゃない。
ただ、「同じ想い」を分かち合える人と並んで、
その存在を拠り所にしたいだけなのに。

期限。

仕事中届いた友人からのメールには、
「○○さんが亡くなったそうです」、と書いてあった。
一瞬ピンとこなかったほど、久しぶりに見た苗字に戸惑った。
つい先日あの人のことをここに書いたばかりなのに。

娘の実の親は、本当に私だけとなった。

世間の離婚した元夫婦たちは、どうやって消息を知るのだろう。

私の場合、元勤め先との関わりが残っていて
何人かの友人・知人を介して知ることができたのだが
実際暮らしていた場所など、全く知らなかった。

続きを読む »

[メルマガ]

実は久々に発行するにあたり、自分で遡れるところまで遡って見たが
何とここまで細かいシチュエーションを拾ってきたものだと
過去の自分の若さに、ほのぼのというか半ば赤面してしまった。
果たして今の自分に、「ひょんなこと」が書けるのだろうか
ましてやお天道様に晒しても恥ずかしくない真っ当な恋愛のはじまりなど
思いつくのだろうかと......。

読めばわかるが、無理だった(笑)

嗚呼、こんなことずっと書いていたら
「浮気とか不倫とか、そんなの不純だわ!」
という無言の抗議とともに配信部数が減るのだろうか。

配信部数と言えば、前回、まぐまぐで発行したのは115だった。
一時期の500越えとかに比べれば淘汰されているのだろうが
もう何年も放置していたので今回かなり減っていると思っていた。
で、配信後確認したら、なんと、読者数は104。
まぁ、すっかり登録していたことさえ忘れていらした方もいるだろうから
また減るかもしれないけど、それにしても全く発行してなかったメルマガに
これだけの読者がまだ登録しててくれたってのは
発行した自分が一番驚いた。ありがたとことだ。
次またいつになるかはわからないが、また出せたらいいな、と
そんなところで。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。