スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタイ。

ネット用語が嫌いな人もいるだろうが、
「イタイ」というのは結構便利だと思う。

痛々しい、では、そこに相手への憐れみや同情の様なものを感じるが
今回、ひとかけらも憐れみを感じない。

ただ、イタイ。イタイひと。

自分の欲望に素直、ってのとは違う。
そりゃ、私だって確信は欲しい。
心で繋がりたいし、自分と同じ分量で、相手から思われたい。

でも、そんな、部外者にまで
焼きもちを焼かないでください、と。

話しているのが見えただけで、
「愛しているなら、今すぐあの人とつながりを切って頂戴!」

それはちょっと……。
これの何処に、可愛らしさがある?

何より、そんな相手を選んでしまった知人が……、
とってもとっても、安く見えたのだ。


私は尊敬してやまない人を、安っぽくなんて見せたくない。
相応しい人間になりたい。
ちょっと寂しかったり心痛くなるときもあるけど、
イタイひとにだけは、なりたくない。

私のために。あの人のために。
スポンサーサイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。