スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが言葉、されど言葉。

放置の間にいろいろあった。
その後、とある方とは、満腹、不食、復食を経て
決定打となる言葉をもって、不食となった。

というのも、私の仕事場では人間関係がギスギスし始めていた。
米つきバッタ系、マウンティング系、
それに伴う影のドロリがあからさまだったり突然だったりしながら発生。
ともかく精神衛生上良くないガスが溜まり始め
私は気を許せる同僚や、もちろん「とある方」にもこぼしていた。
その何気ない会話の中で、「これから同僚とガス抜き」の返事が

お疲れ様です。前回言ってた虎の威をかる属性の人たちの悪口大会


……些細だとお思いでしょうが、これでもう無理だと思った。

私が信用して、「酷い」「見ていられない」「つらい」と言っていた言葉を
相手は「悪口」だと思っていたのだ。
確かに、第三者から見れば、私は誰かの悪口を言ってるのだろう。
でも、だったら人の悪口を言っているパートナーなど、いるだろうか。

自分は、厄介な上司や関係者の姿を話している相手を見ていても
「同情」や「助言」はあっても、「悪口言ってる」とは思わないタイプ。
これはもう、腹を割って何かを話す気にはなれない。

私は昔からこうなのだ。
男女関係なく、以前は仲は良かったが
一つの言葉で終わらせた人が数名いる。
些細なことかもしれないが、その言葉を思い出しても、
終わらせて良かったと思えるので、きっと、判ってよかったのだ。
その人なりが知れたことを。

もし、その言葉を受け取ってもまだ関係を続けたいならば
私は反論し、互いの誤解を解き、許し、継続していたことだろう。
でも、例えば今回の場合、私が
「ちょっと違う。しかも悪口大会とか悪意ある。」と返した返事が

業務体系改善決起集会?



結局、言い直せばいいんだろ、悪口に違いはないだろ。決定打である。

些細なことと判ってはいるが、前述通りのギスギスした
人間関係の中で仕事しながら、精神衛生上良くない状態で、
『ああ、この人悪気はないんだ、単なる相槌だ』
と、受け取ってあげられるだけの度量や、
関係継続のための精神的体力は、残念ながら、今はない。

もっと私が元気になり、慈愛の心が復活し、
その時うっすらと繋がりが残っていれば、新たな関係が出来るかもしれないが。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。